歯科治療について思うこと

皆さんは歯医者に通ってこんなこと思った経験ないですか?
「どうして治療を数回に分けるのか?」と。

世の中には色んな歯医者が存在し、今ではその数が「コンビニ」の数より多い、とまで言われています。だから当然「いい歯科医院」も「悪い歯科医院」もある訳で、一概に冒頭の疑問は全てに当てはまっている訳ではありませんが。
でも、少なくとも自分はそのような経験が多いのです。例えば歯を削ってその歯を被せるために作る銀歯などの製作に時間がかかるのは当然なので次回の治療が1週間先になったりするのは全然OKです。でも、問題は「歯垢」をとる行為です。これを「数回」に分けて行なう必要は果たしてあるのでしょうか。出来れば「歯医者」など行きたくないのが心情です。(少なくとも自分はそうです。)でも「はい、では続きは来週」と言われると正直ガクッとします。歯科医院はだいたい日曜日休みです。よって予約は平日になります。平日に時間を都合して何度も歯医者へ行くことはそう簡単なことではありません。また月を跨ぐと「保険証」の提示があります。これは診察料と関係あるのか分かりませんが、これも面倒です。うっかり忘れたものなら「またこちらへ持ってきて下さい」などと平気で言われます。治療回数を小分けにすると「初診料」「検診療」などが上乗せされるのでしょうか?よく分かりませんがそう「疑われても」仕方がないのではないかと思います。どこか「ここへ行きたい」という歯科医院があれば紹介してもらいたいものです。

更年期の薄毛や抜け毛は改善する?
50代で抜け毛に悩む女性がとるべき対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です