税金が安くなる住宅ローンの減税制度について

家を建てるために住宅ローンを組むと、条件が合えば所得税や、住民税を減らすことができます。住宅ローンを組んだ時に、控除を受けたいという時にはどうすればいいか情報を集めておきましょう。住宅ローン控除とは通称名であり、正しくは住宅借入金等特別控除という種類の控除になります。年末に、住宅ローンの返済が終わっていない場合、残高の1%が対象額になります。減税対象は住民税や、所得税などで、金額は計算が必要です。年末というのは12月末のことで、控除を受けられるのは現在10年間が最長となっています。つまり、住宅ローンを組んで、返済をしている時、返済を開始してから10年間に限って、住民税や、所得税の減税制度が使えるわけです。住宅ローンの控除は、土地や建物を新規で購入した時だけでなく、リフォームを目的とした住宅ローンの利用でも使えることがあります。ただし、リフォームや、新しく家を買う時に住宅ローンを利用すれば、どんな時でも減税対象になるかといえば、場合によってはならないこともあることは覚えておきましょう。フラット35や、銀行の住宅ローンなどで融資を受けた場合には、特に問題なく住宅ローンの控除を受けられるようです。いわゆる金融機関から住宅ローンの借り入れを受けていれば、住宅ローン控除の対象になっていると考えていいでしょう。住宅ローン控除の対象にならないのは、一般的な金融機関から借りたものではない住宅ローンです。社員に対して、企業が住宅ローンの貸しつけをしている場合は、金融機関からの借り入れにはなりません。マイナチュレ育毛剤の効果・副作用・口コミ